top of page
  • 笠原ピアノ・リトミック教室

バッハ「フランス組曲」講座

更新日:2021年4月10日


赤松先生のオンラインセミナーを受けました。


フランス組曲は、バッハが自分の息子や弟子のために教材として作った舞曲です。

フランス趣味で書かれているので、フランス組曲と呼ばれていて、1番から6番まであります。


赤松先生の講座を受けるようになって、バッハの曲がこんなにも表情豊かなものだったのかと楽譜の見方が変わりました。


今回は一番最後の曲である6番を勉強しました。


アルマンド、クーラント、サラバンド、ガボット、ポロネーズ、メヌエット、ブレ、ジグの8つの舞曲から成る組曲なので、全部弾くと15分くらいかかりますが、バッハの美しい世界を味わうのに最適の曲だと思います。


1つずつの曲は短いので、アルマンドやジグから少しずつ聴いていっても良いかもしれません。

チェンバロ演奏と聴き比べてみても面白いですね!


 


当教室では、基本を大切にしながら楽しく無理なく上達できるレッスンを心がけ、子どものレベルに合わせて一人ひとりの目指す所に到達できるよう、いろいろな指導方法を用意しています。


ご興味ある方は、まず体験レッスンにお申し込みください。


1,電話で申し込む場合

090-9554-1651に「体験レッスンを申し込みたいのですが・・・」とお電話ください。

2,LINEで申し込む場合

QRコードを読み取り「友達追加」した後、お子様の学年、体験希望の日時を送信してください。

以下のリンクでも友だち追加できます。

https://line.me/R/ti/p/%40229vsyqn




bottom of page